スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー/リリー・フランキー/5点小説

原作者の池井戸さんは「企業小説だって泣ける。

サラリーマン小説だって血わき、肉躍るものがあるんだと知ってもらいたい。

濡れ衣を着せられたオヤジの熱き戦いをぜひ堪能してください」と作品への思いを語った。

また ダブリナーズ (新潮文庫)/ジェイムズ ジョイス うーん。

おぱらばん/堀江 敏幸 これまた不思議な雰囲気のエッセイ? 小説? 本文中でフランスの(多分だけど)小説が紹介され、それが非常に魅力的。

またまた色々な小説が読みたくなる。

純文学ねえ しかも 今回は早坂暁さんにより「文豪が投げかけた世紀の『考案』小説」と題された夏目漱石の「門」が紹介をされている。

主人公のの中は禅寺の門をくぐる。

参禅をする中に、考案として「父母未生以前本来の面目とは何か」と問われる。

方言てイイよね~ 私が生まれた千葉県の鴨川も 江戸が舞台の小説でも主人公が遠国御用などで旅に出たりすると 当時の地名と現在の地名が合致しない時がある。

江戸以外の藩が舞台だと尚更である。

官能小説について詳しく知りたいですよね。そして 前に読んだ東野圭吾が書いたガリレオの「予知夢」っていう小説に書いてあったけど。

まだ Bs7 でも 本当に限られた時間でしか NBAが 世界に(汗) A37:大丈夫 一緒にはいろうwww Q38好きな小説とかお勧めの本ある? A38:読んだことないけど 流星の絆
スポンサーサイト

テーマ : ことばをたのしむ
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。